交通機関の運休対策

交通機関の運休により、登校が不能な場合、および極端な交通渋滞が予測される場合には、下記の基準により決定する。

(1) 午前6時の時点で,JR総武線及び京葉線の両方が運休の場合には,自宅待機とする。
(2) 午前6時の時点で,JR総武線または京葉線のどちらかが運休の場合には,9時30分始業とする。
(3)(1)の状況が午前10時までに解消した場合には,午後から始業とし,午後1時までに登校する。午前10時の時点で解消されない場合には,臨時休校とする。
(4)午前6時から始業時間(午前8時30分)までに(1)または(2)で示した状況になった場合には,同様の対応とするが,すでに登校の途中にある場合や登校している場合には,安全確保に十分な配慮をする。
(5)ホームルーム出席簿の整理は個々の状況を確認して学級担任が行う。
(6)授業変更(措置)は,板書により確認する。
(7) 登下校の際は、安全確保に十分な配慮をする。