校長講話
H30.1.9(火) 全校集会にて

新年あけましておめでとう。
さて、今年は本校にとって特別な年である。来年本校は創立40周年を迎えるが、今年はその準備をする年となる。今までの歴史を振り返り、本校がさらに発展するための良い契機としたいと考えている。
本校では昨年4月に、教育目標を「グローバル・リーダーを育成する」に変更した。「リーダー」とは、多様性を受け入れられる器を持った人であり、その器が大きいほどより多くの人を受け入れることができる。ぜひ皆さんにはそういったリーダーになってほしい。そのためには、周囲の人たちの良いところを見つける姿勢を持つことが大切である。
 先日、新聞で「左手一本魂の音色 病に負けずピアノの道」という記事を読んだ。ジストニアという病気により右手が不自由になりながらも、左手だけでピアノを演奏している27才の女性ピアニストの記事である。彼女は発症後目標を見失い絶望していたが、ある時同じように左手だけでピアノを演奏するピアニストと出会い立ち直ったのである。このように、人との出会いは時として人生を変える。皆さんもこれから訪れるたくさんの出会いを大切にしてほしい。
 最後に、今年が皆さんにとって実り多き一年となることを期待している。