Home > 副校長からのメッセージ

副校長からのメッセージ


本校は、平成19年4月、多様な中等教育の機会を提供するために、県内初となる公立の併設型中高一貫校として開校しました。
校訓に高等学校と共通の「真摯・明朗・高潔」を掲げ、教育目標である「確かな学力」「豊かな心」「調和のとれた体力」を身につけた「グローバルリーダーの育成」をめざしています。
中高一貫の6年間を、「基礎学力定着期」(中学1〜2年)、「充実期」(中学3年〜高校2年)、「応用発展期」(高校3年)に分け、中・高のつながりを生かした教育を進め、教育目標の達成に努めています。
教育課程においては、併設型中高一貫校の特色を生かした編成により、一般の公立中学校より、週あたり3時間程度多い授業を確保し、学習指導要領のめざす、知識・知能の習得と思考力・判断力・表現力等の育成のバランスを重視した教育を進めていきます。
授業は、中学・高校合わせて110人を超える教職員が指導にあたります。学校設定科目として、「世界と日本」、「総合科学」、「英語コミュニケーション」を設定しているほか、中学と高校の学習内容をシームレス(継ぎ目なし)に実施していきます。また、数学・英語の少人数制授業、特に英語ではネイティブによる授業や、プレゼンテーション、スピーチなどの発表で表現力を身につける授業を展開しています。
部活動は、高校生との合同練習や活動をしています。施設や用具等の条件の合う運動部も高校生と一緒に練習し、千葉市総合体育大会など各種の大会に出場しています。
学校行事も充実しています。入学まもなく実施する1年生のスタートアップセミナー(宿泊研修)、2年生の自然教室、3年生の修学旅行、高校では英語合宿や海外語学研修に参加します。文化祭(飛翔祭)は、中・高一緒に開催され大変な盛り上がりを見せます。
施設・設備面では、蔵書4万冊以上を誇る図書館、英語や数学の少人数制授業で使用するジュニアセミナールーム、国際交流の場として利用している第二特別等、部活動の合宿に利用している朋友館の他、全ての普通教室には空調設備を備え、充実した学習環境を整えています。
小学生の皆さん、中学・高校の6年間、本校で学んでみませんか。皆さんのめざしたいものがきっと見つかると思います。

千葉市立稲毛高等学校附属中学校

 〒 261-0003
 千葉市美浜区高浜3−1−1
 п@043−270−2055